2010年2月25日 (木)

「アフルエンザ」の授業改善に向けて

しばらく本ブログの更新が滞ってしまったが、その間に、今年度の試験にかかわるすべての採点はすでに終えたので、これからいよいよ、来年度の授業に向けた準備を本格的に行なっていくことになるが、大きな課題となっているのは、「アフルエンザ」をテーマとした授業である。

アフルエンザ(Affluenza)というのは、Affluence(豊かさ)+Influenza(インフルエンザ,流行性感冒)とを合わせた造語だが、それをテーマとした授業では、テキストとして、邦訳版『消費伝染病「アフルエンザ」:なぜそんなに「物」を買うのか』(日本教文社)を使ってきた。来年度もそれを使うことにしている。

幸い、これまでおおむね受講者には好評だったのだが、今年度は、昨年度までとは違い、必ずしも大半の受講生の関心を惹きつけられたわけではなかったので、来年度に向けては、もっと改善したいと思っている。

アフルエンザをテーマとしたテレビ番組を放送したアメリカPBSにその番組サイトがあるのは以前から知っていたが、このサイトを活用することまでは考えていなかった。しかし、改めて読んでみると、授業にも使えそうなコンテンツがたくさんあった(もちろん、その英語版の教材を英語のままで使うことは、受講生諸君にはおそらく酷だろうから、使うとしたら、私が日本語に訳しておかねばならないが)。

また、その番組のDVDあるいはVHSも、Bullfrog Filmsというところから、そのホームビデオ版が30ドル弱で購入できることも知った。そのDVDを買おうかと思ったのだが、規格の違いで日本では再生できないかもしれないという懸念が一瞬頭をよぎったので、先方に問い合わせのメールを送っておいた。いまは、その返事待ちである。

その番組は第1回とその続編の第2回があったようだが、調べてみると、その第1回の方は、なんと無料で、1時間弱のその動画を全部見ることのできるサイトもあった(こちら)。見てみると、やはり非常にinterestingな番組である。とはいえ、インターネット環境の整った教室で授業を行えるとは限らないし、著作権の問題もあるので、規格の違いの問題がなければ、そのDVDを購入して、私が日本語で解説しながら、授業で上映したいと今のところ考えている。

| | コメント (0)