2008年12月31日 (水)

大掃除を終えて1年を振り返る

27日から今日の大晦日までの6日間連続で、今まで借りていた家の大掃除をしていた。もう少し早く終えてしまうつもりだったのだが、いざやり出してみると、掃除をすべきところが続々とたくさん出てきて、キレイさっぱりと明け渡せるようになるまで、今日の午後6時頃までかかってしまったのである。しかし、何とか年内にそれを終えることができたので、今はホッとしている。正月休み明けの1月5日に、私たち借主の立会のもと、この貸家の仲介業者による部屋のチェックを受けることになるが、そのための準備はおそらく十分に整えられたことと思う。

それにしても、今年はわが人生のなかで、公私ともに最も多忙な1年だった。春学期には週平均11コマの授業を名張、伊勢、および大阪市立大学という3つの場所で行ったし、夏休みに入ってからは、10月初旬に行われた皇學館大学社会福祉学部の10周年記念国際シンポジウムの準備に大わらわだった。そしてこの年末には引っ越しと大掃除である。このような忙しさは、大げさな表現ではなく、今までに経験したことのないほどの多忙さだった。しかし、それらをすべてやり遂げることができて、今は充実感でいっぱいである。

そのあまりの忙しさで、これまで本ブログに書きそびれていたのだが、実は研究面でも、この11月から12月にかけて、ちょっとした大きな出来事が二つあった。それは、拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房)の増刷と、来年の世界政治学会で研究報告できることが決まったこと、この二つである。

拙著の第2刷が発行されたのは、今年の11月20日だった。第1刷の発行が昨年の3月15日だったから、それからおよそ1年8か月で増刷されたことになる。第1刷は1200部だったが、第2刷は500部である。一般的に、第1刷が売り切れれば、出版社に対する責任を果たしたことになると聞いているので、著者として安堵した次第である。

その拙著の第1章の議論を英語で報告できる機会を与えられたのが、来年7月にチリの首都サンチアゴ(Santiago)で開かれる世界政治学会(International Political Science Association)においてである。今年10月の日本政治学会の総会で、3年に1度の IPSA が今回はサンチアゴで行われること、そしてその IPSA 2009 Santiago における報告者を募集中であることを聞き、思い切って応募してみたところ、12月5日に採用通知が届いたのであった。

来年にはハイエク全集第Ⅱ期第5巻政治学論集の監訳作業をいよいよ仕上げていかねばならないので、来年はその監訳とIPSAでの研究報告の準備という二つの点で、英語漬けの毎日が続きそうである。

26日に引越を終えてから今日までは、今まで借りていた家の大掃除で手一杯だったので、新しい家の方はまだ段ボール箱だらけであるが、幸い、今すぐ必要な本は箱に詰めずに、カバンに入れて持って来てあるので、明日の元旦からは、この新しい家の新しい書斎部屋で、早速、監訳作業を再開させたいと思っている。

それでは読者の皆様、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

引っ越し作業を終えて

昨日の26日、これまでの貸家から新築した家への引っ越し作業を終えた。依頼した業者は「アリさんマークの引越社」だったが、大変スムーズに、しかも気持ちよく作業を進めてくれたので、非常に有難かった。

昨日はその他にも、インターネットやテレビ、電話の設定作業もあった。ケイ・オプティコムのeo光サービスで、ネット・電話・テレビのすべてをセットで申し込んだので、その工事や設定作業も、業者の方にしていただいた。そのため、今回の引っ越しで関係業者の方すべてが我が家をあとにされたのは、結局、午後6時頃となった。

これで荷物の運び込みは終わったが、まだ段ボールが山積み状態のままなので、その片付け作業が残っている。否、その前に、これまで住まわせていただいた貸家を引き渡すため、年内にその掃除や片付けも済ませておかなければならないから、今年いっぱいはギリギリまで、そうした作業に従事することになりそうである。

この新居に移り住んでからまだ2日目にすぎないので、まだまだ慣れないことが多いのだが、それでも、住み心地が格段によくなったことは、もう既に実感できている。というのも、断熱性が飛躍的に向上したため、以前までのような肌寒さを冬の早朝に感じずに済むようになったからである。また、日当たりも非常によくなり、晴れていれば、日中は1階の部屋でも照明をつけなくてもよいほどになったのも嬉しいことである。

それ以上に大きな喜びだったのは、やはり、ソーラーパワーである。操作パネルで確認してみて驚いたのは、もう余剰電力の売電がかなり行われていたことだ。今この文章を書いている時点で、すでに109.87kwが売電されていたのである。

もっとも、これは、ソーラーパネルが設置された日から昨日までの間、自分たちで事前に荷物を運び込みに来た以外は、ほとんど全くこの新しい家にいなかったから、太陽光で発電された電力のほとんど全てが余ることになったからだろう。しかし、すでに実際に暮らし始めた今日も、晴れの天気だったためだろうけれども、エアコン暖房をつけなければ、たとえテレビや洗濯機を動かしていても、余剰電力が発生していたことは、嬉しい驚きだった。

もう一つ大きな喜びは、英語ニュース番組をいつでも視聴できるようになったことだ。eo光テレビの場合、視聴できるのはイギリスのBBC WORLDではなくて、アメリカのCNNj だが、いずれにせよ、英語ニュース番組を好きな時にいつでも視聴できるようになったのも、非常に心が躍ることである。

こうして、いよいよ待望の新居生活が始まった。一日でも早く荷物の整理作業を終え、落ち着いて研究の仕事が自宅でできる状態にしたいと思っている。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

環境共生住宅を目指して(2)

昨年9月1日の本ブログで、「環境共生住宅を目指して」と題した文章を書いたが、実を言うと、その希望が実現することになった--というより、すでに実現した。

ここでの報告が遅れていたが、今年の7月12日の新聞折り込み広告をキッカケとして、現在の貸家と同じ橿原市内に便利な物件が見つかったので、意を決してローンを組み、家を新築することにしたのである。その家が昨日完成し、ホームメーカー(ミサワホーム)から、施主である私たち家族に引き渡されたのであった。

--このようにだけ書くと、途中のプロセスについては全く触れていないため、実にあっけなく響くが、自由設計だったので、設計についての打ち合わせには、実に2か月を要した。そのあと9月21日に地鎮祭を挙行、翌10月27日に上棟式、そして昨日完成--というプロセスであった。下記の写真は、まだ工事途中のものだが、ほぼ完成間近の時に写したものである(携帯端末の写メールモードで写したものなので、解像度があまり高くないのはご容赦願いたい)。

081122_1650 それで、この家のどこが“環境共生住宅”かというと、高い断熱性もさることながら、やはり特筆すべきは、太陽光発電パネルの設置であろう。3.06kwの発電能力を持つソーラーパネル(京セラ製)を南側の屋根一面に設置したのである。この写真で言うと、ここには写っていないが、左側の斜面に当たる屋根である。普通なら250万円かかるところだったが、メーカーの京セラがタイミングよくキャンペーンを実施してくれたおかげで、150万円で設置できた。とはいえ、かなりの値段であることには変わりないが、今思うと、この機会に思い切って設置できて、やはり本当によかったと思っている。

ミサワホームは、南極の昭和基地を作ったメーカーなので、幸い、断熱性も非常に優れているのも、嬉しいことである。あと、給湯装置として、いわゆる“エコキュート”も備え付けることにしたので、その点でも、省エネに貢献できると思う。

今の貸家はこの年末まで借りているので、その間に引越と整理整頓を済ませ、新年から新しい生活をスタートさせたいと思っている。

| | コメント (0)

2008年5月 6日 (火)

緑のカーテン

今日、家族3人でホームセンターに行き、我が家の軒先でゴーヤ(ニガウリ)を育てるために必要なものを一式購入し、早速それを植えた。夏の到来に備え、“緑のカーテン”にするためである。この“緑のカーテン”が育てば、冷房にあまり頼らなくても、部屋を涼しくすることができる。ツル科の植物なら何でも良いのだが、実益もかねて、食べることのできるものにした。

Vfts0003 そうして出来上がったのがこれである。プランターにまずゴロ土を敷き、その上から野菜の有機栽培用の土をかぶせ、石灰をまぜる。その後、ゴーヤの苗を植え、最後に、ツルをはわせるための園芸用のネットを張って出来上がりである。

この作業をしたのは夕方だったのだが、近所の子供たちがちょうど遊んでいるときで、私たちがこの作業をし始めると、興味津々の様子で寄ってきたので、「それじゃあ、ここをこうしてくれる?」と声をかけてみると、みんな喜んで手伝ってくれたのが、大変微笑ましかった。

この苗が順調に育てば、この夏には我が家に緑のカーテンが出来上がるはずである。毎日世話をして、その成長を楽しみに待つことにしたい。

今日こうしてゴーヤの苗を植えることができたのは、そのためには何をそろえるのが必要か、妻があらかじめインターネットで調べておいてくれたおかげであった。感謝、感謝である。

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

環境共生住宅を目指して

環境共生住宅について、ちょっとした合間を見つけつつ、今日から地道に勉強し始めることにした。というのも、私と妻の夢のひとつは、環境と共生できるマイホームを建てることだからである。資金繰り等について目処が立っているわけでは全くないが、それも含めて一からジックリ勉強し、基本的な知識を蓄えていこうと考えたのである。

住宅購入という買い物には、よほどの慎重さが要求されると思う。というのも、ものすごく高価な買い物だからというだけではなく、購入者側に専門知識が欠けているために、ともすると業者側に主導権を握られかねないからである。悪徳業者も少なくないと聞くから、業者の選定にも慎重を期さねばなるまい。

その勉強の手始めにGoogleで「環境共生住宅」を検索してみると、環境共生住宅推進協議会というものがあることを知った。そのホームページを少し読んでみたが、なかなか面白そうである。

また、奈良県のホームページにも、「なら住まいるカルテ」と題したコーナーがあることも分かった。さきほど「購入者側に専門知識が欠けている」と述べたが、こういう状態を是正するために情報提供することは、中央・地方政府の大切な役割のひとつである。私の住んでいるのは奈良県なので、その情報提供を受けるため、上記のコーナーを訪れたというわけである。

こういうことはもちろん、一朝一夕にはいかない。普段の仕事があるので、マイホーム作りの勉強ばかりに専念するわけにもいかない。しかしながら、合間を見て少しずつ勉強し、それを積み重ねていけば、いずれはかなりの知識を蓄えることができるだろう。しかもそれが環境共生住宅を目指すとなれば、夢も大きく膨らむというものだ。あせらずジックリ、進んで行きたいと思う。

| | コメント (0)