2010年2月 9日 (火)

来年度の授業に備えて(3)

伊勢と名張の両学舎で開かれている教職課程の「総合演習」では、毎年、地球温暖化=気候変動問題をテーマとしている。来年度もそのテーマで行うが、授業内容には少し変更を加えることにした。

これまではテキストを2冊用いていた。①デイブ・レイ『異常気象は家庭から始まる』(日本教文社)、②石弘光『環境税とは何か』(岩波新書)の2冊である。①で個人としての自主的な取り組みを、②で政策の問題を取り上げてきた。

しかし、今回、①を改めて綿密に読み直してみると、①のみを用いても、排出権取引や環境税といった政策の問題を扱えることがわかった。他方、②はロングセラーの名著なのでこれまでずっと使用してきたが、税制上の専門的でかなり高度な議論も多いので、②からは、「なぜ環境税が必要とされるのか」という初歩的・基本的な説明の部分しか、授業では取り上げることができなかった。

そこで来年度は①のみを用いることに決め、これまでよりも①をもっと詳しく取り上げることにした。他方、これまで②を使って説明してきた点、すなわち「そもそもなぜ環境税が必要なのか」という点については、自宅で録画してあるNHKスペシャル(たとえば日本とドイツの環境政策のちがいを浮き彫りにしたドキュメンタリー「低炭素社会に踏み出せるか」など)をDVDで上映することによって、環境税の必要性についての説明を補うことにしたのである。

この総合演習は、伊勢では15回の授業だが、名張では30回である。そこで名張では、駅前にある住宅公園を訪れて、環境に優しい家造りの取り組みについて、各ハウスメーカーの説明を聞きに行ったり、電化製品の省エネ技術の発達ぶりを知るために、これも駅から近い家電量販店を訪れたり、といった「実習・見学」的な要素も盛り込むことにした。

もう一つ、来年度に新しく取り入れようと考えているのは、本ブログで今年の1月13日の記事でも言及したが、「温暖化はウソ」という議論に対する科学者からの反論を取り上げることである。これによって、依然として存在している温暖化否定論によって受講生たちが惑わされないよう、導きたいと思っている。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

畜産の温室効果51%

少し前のことになるが、今月3日に rumi さんという方から、本ブログ2007年7月4日の記事「工場式畜産の問題点」について、コメントをいただいた(ありがとうございました)。そのコメントによると、ワールドウォッチ研究所が、畜産関連すべてに由来する温室効果ガス排出の割合が、全体のなんと51%に相当する、という研究結果を発表したのだという。

調べてみると、ワールドウォッチ研究所のサイトに、その報告書のPDFファイルがフリーでダウンロードできるようになっていた。どうやら、畜産業すべてにかかわる部門から出される温室効果ガスを考慮に入れると、51%という高い数値になるということのようだ。

Livestock and Climate Change

だとすると、肉食をやめる(あるいは控える)ことによる温室効果ガス削減効果も、実は非常に高いということになる。私たちの食生活のあり方に再考を促す研究結果と言えるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

総合演習(伊勢H21秋)次の授業での持参物

平成21年度 伊勢学舎 秋学期 総合演習(担当:山中優)受講生の皆さんへ

次の2つのものを、次回(11/25・水Ⅳ~Ⅴ)の授業に持参して下さい。

(1) 環境家計簿
次のウェブサイトにアクセスし、教室で用いる教材として、環境家計簿の用紙をプリントアウトしておいて下さい。

環境家計簿-暮らしのCO2チェック

このサイトより、自分の住む都道府県用の環境家計簿をプリントアウトしておき、次回の授業に持参すること。これを教室での練習用教材として使用します。

(2) 電気・ガス・水道・ガソリン・灯油の使用明細
各自の家庭(下宿あるいは実家)での11月分の使用明細を持参すること。次回の授業で、それを使って環境家計簿をつける練習を行ないます。

以上2点を次の授業に必ず持参して下さい。

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

平成20年度秋学期総合演習(伊勢) レポート課題

伊勢学舎 総合演習 H20秋学期 レポート課題

次の二つの課題に取り組みなさい。

(1)地球温暖化を防ぐための自主的取り組みについて、次の課題に取り組みなさい。

①環境家計簿(11月~1月分)をつけ、そのExcelファイルを提出しなさい。(そのファイルのダウンロード先は、本ブログ5月11日の記事に掲載)

②「めざせ!1人1日1kg削減!~みんなで止めよう地球温暖化 チーム・マイナス6%~」のサイトで「私のチャレンジ宣言」を行い、そのチャレンジ宣言カード(PDFファイル)を提出しなさい。そのサイトには、本ブログの右の欄にある緑色のブログパーツ上の、「あなたもエコタイプを判定してみよう」のボタンをクリックすることでもアクセスできる。

③あなたは今後どのようなエコ・ライフを実行しようと思うか。デイブ・レイ『異常気象は家庭から始まる』を踏まえつつ、あなたの考えを述べなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

(2)石弘光『環境税とは何か』の第1章と第2章を読んで、次の問に答えなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

①産業公害と現代の環境問題との違いは何か。

②地球規模での環境汚染のうち、規制的手法で対応できないものはどれか。また、それはなぜか。

③温室効果ガスの種類にはどのようなものがあるか。また、その発生源の内訳(世界全体および日本国内)はどうなっているか。

④地球温暖化問題の特徴とはどのようなものか。

⑤気候変動枠組条約と京都議定書との関係はどのようなものか。また両者の規定内容の違いは何か。

⑥直接規制の短所は何か。

⑦自主的取り組みにはどのような限界があるか。

提出方法 電子メールに上記のファイルをすべて添付し、次のメールアドレス宛に送信すること。

山中優 yamanaka●kogakkan-u.ac.jp (●の部分に半角アットマークを入れる)

そのメールの件名を次のようにし、学生番号と氏名を明記すること。

「伊勢学舎H20秋学期 総合演習レポート 学生番号  氏名」

提出期日については、大学の掲示板で、確認しておくこと(期日厳守)。

受領証明としてメールを返信するので、その返信メールを大切に保管しておくこと。なお、盗作が判明した場合には、0点とする。

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

総合演習(伊勢)次の授業での持参物

平成20年度 伊勢学舎 秋学期 総合演習(担当:山中優)受講生の皆さんへ

次の2つのものを、次回(11/19・水Ⅳ~Ⅴ)の授業に持参して下さい。

(1) 環境家計簿
次のウェブサイトにアクセスし、教室で用いる教材として、環境家計簿の用紙をプリントアウトしておいて下さい。

環境家計簿-暮らしのCO2チェック

このサイトより、自分の住む都道府県用の環境家計簿をプリントアウトしておき、次回の授業に持参すること。これを教室での練習用教材として使用します。

(2) 電気・ガス・水道・ガソリン・灯油の使用明細
各自の家庭(下宿)での10月分(あるいは11月分)の使用明細を持参すること。次回の授業で、それを使って環境家計簿をつける練習を行ないます。

以上2点を次の授業に必ず持参して下さい。

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

枝廣淳子氏の日刊温暖化新聞

環境ジャーナリストの枝廣淳子氏の主宰するサイトに、「日刊温暖化新聞」が掲載されている。最新の動きを、とくに明るい話題を知るのに便利である。

日刊温暖化新聞

総合演習レポート作成の際に、参照をお勧めしておく。

| | コメント (0)

電力各社が排出枠購入費を原価に算入

今日の FujiSankei Business i. によると、電力各社がこの9月の料金改定で、排出枠購入費を原価に算入する見込みなのだという。当然、これが電気料金の値上がり要因となる可能性は高い。

電力各社が9月料金改定で本格化 排出枠購入費を原価の一部に算入(FujiSankei Business i. 2008/7/17)

このことが意味しているのは、温室効果ガスの排出量削減のためのコストを、われわれは結局負担しなければならなくなるということである。しかしながら、これは、化石燃料の使用によっていったん排出しておいて、そのあと排出枠を購入するという、いわば“事後的な”やり方である。“後ろ向き”のやり方だとも言えるだろう。

しかし、それよりもむしろ、そもそも温室効果ガスの排出源を“事前に”減らしていくための“前向きな”努力--すなわち再生可能な新エネルギーへの転換--をこそ、われわれは最優先すべきなのではないだろうか。排出枠の購入は、まず排出量自体をできるだけ削減した後になされる補完的なものであるべきだと思われるのである。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

太陽電池で飛ぶ飛行機

授業に忙殺されているうちに更新が滞ってしまっていたが、おかげさまで、元気に過ごしている。

さて、今日の@niftyのニュース欄に掲載された ITmediaニュース によると、太陽電池で飛ぶ飛行機が誕生する見込みなのだという。

太陽電池で飛ぶ飛行機 誕生へ

この記事によると、太陽電池を手がける中国企業が、ソーラーパワーで飛ぶ飛行機の製造のため、フランスの航空機メーカーと提携したのだという。2009年末までには、実際の機体の組み立てが完了する見込みなのだそうである。

どの程度の価格で販売されることになるのかが気になるところだが、この飛行機が早く実用化されることを望むばかりである。

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

名張学舎 総合演習(教職) H20春学期 レポート課題

名張学舎 総合演習(教職)H20春学期 レポート課題

次の四つの課題に取り組みなさい。

(昨日ここに掲載した伊勢学舎の総合演習レポートと比べて、課題の数が倍となっているが、それは、名張学舎での総合演習の単位数が--したがって授業回数も--伊勢学舎でのそれの倍だからである)。

(1)地球温暖化を防ぐための自主的取り組みについて、次の課題に取り組みなさい。

 ①環境家計簿(5月~7月分)をつけ、そのExcelファイルを提出しなさい。(そのファイルのダウンロード先は、本ブログ5月11日の記事に掲載)

 ②「めざせ!1人1日1kg削減!~みんなで止めよう地球温暖化 チーム・マイナス6%~」のサイトで「私のチャレンジ宣言」を行い、そのチャレンジ宣言カード(PDFファイル)を提出しなさい。そのサイトには、本ブログの右の欄にある緑色のブログパーツ上の、「あなたもエコタイプを判定してみよう」のボタンをクリックすることでもアクセスできる。

 ③あなたは今後どのようなエコ・ライフを実行しようと思うか。デイブ・レイ『異常気象は家庭から始まる』を踏まえつつ、あなたの考えを述べなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

(2)排出権取引の意義と限界について、NHKスペシャル「煙と金と沈む島」を題材としつつ、説明しなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

(3)石弘光『環境税とは何か』の第1章と第2章を読んで、次の問に答えなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

 ①産業公害と現代の環境問題との違いは何か。

 ②地球規模での環境汚染のうち、規制的手法で対応できないものはどれか。また、それはなぜか。

 ③温室効果ガスの種類にはどのようなものがあるか。また、その発生源の内訳(世界全体および日本国内)はどうなっているか。

 ④地球温暖化問題の特徴とはどのようなものか。

 ⑤気候変動枠組条約と京都議定書との関係はどのようなものか。また両者の規定内容の違いは何か。

 ⑥直接規制の短所は何か。

 ⑦自主的取り組みにはどのような限界があるか。

(4)化石燃料に代わる新しいエネルギーの可能性について、あなたの考えを述べなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

提出方法 電子メールに上記のファイルをすべて添付し、次のメールアドレス宛に送信すること。

山中優 yamanaka●kogakkan-u.ac.jp (●の部分に半角アットマークを入れる)

そのメールの件名を次のようにし、学生番号と氏名を明記すること。

「名張学舎H20春学期 総合演習(教職)レポート 学生番号  氏名」

提出期日については、大学の掲示板で、確認しておくこと(期日厳守)。

受領証明としてメールを返信するので、その返信メールを大切に保管しておくこと。なお、盗作が判明した場合には、0点とする。

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

伊勢学舎 総合演習 H20春学期 レポート課題

伊勢学舎 総合演習 H20春学期 レポート課題

次の二つの課題に取り組みなさい。

(1)   地球温暖化を防ぐための自主的取り組みについて、次の課題に取り組みなさい。

     環境家計簿(5月~7月分)をつけ、そのExcelファイルを提出しなさい。(そのファイルのダウンロード先は、本ブログ5月11日の記事に掲載)

     「めざせ!1人1日1kg削減!~みんなで止めよう地球温暖化 チーム・マイナス6%~」のサイトで「私のチャレンジ宣言」を行い、そのチャレンジ宣言カード(PDFファイル)を提出しなさい。そのサイトには、本ブログの右の欄にある緑色のブログパーツ上の、「あなたもエコタイプを判定してみよう」のボタンをクリックすることでもアクセスできる。

     あなたは今後どのようなエコ・ライフを実行しようと思うか。デイブ・レイ『異常気象は家庭から始まる』を踏まえつつ、あなたの考えを述べなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

(2)   石弘光『環境税とは何か』の第1章と第2章を読んで、次の問に答えなさい(Word等のワープロソフトで作成したファイルを提出すること)。

     産業公害と現代の環境問題との違いは何か。

     地球規模での環境汚染のうち、規制的手法で対応できないものはどれか。また、それはなぜか。

     温室効果ガスの種類にはどのようなものがあるか。また、その発生源の内訳(世界全体および日本国内)はどうなっているか。

     地球温暖化問題の特徴とはどのようなものか。

     気候変動枠組条約と京都議定書との関係はどのようなものか。また両者の規定内容の違いは何か。

     直接規制の短所は何か。

     自主的取り組みにはどのような限界があるか。

提出方法 電子メールに上記のファイルをすべて添付し、次のメールアドレス宛に送信すること。

山中優 yamanakakogakkan-u.ac.jp (●の部分に半角アットマークを入れる)


そのメールの件名を次のようにし、学生番号と氏名を明記すること。

「伊勢学舎H20春学期 総合演習レポート 学生番号  氏名」

提出期日については、大学の掲示板で、確認しておくこと(期日厳守)。

受領証明としてメールを返信するので、その返信メールを大切に保管しておくこと。なお、盗作が判明した場合には、0点とする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧