2008年10月26日 (日)

マスオさんの講演会(皇名祭講演会)

昨日・今日と、皇學館大学名張学舎で大学祭(第11回皇名祭)が行われているが、今回の講演会には、テレビアニメ「サザエさん」のマスオさん役、そしてアンパンマンのジャムおじさん役で有名な増岡弘さんに来ていただいた(第11回皇名祭講演会)。昨年10月の野口健氏による講演会(本ブログ2007年10月21日の記事)に引き続き、学生委員長の私が、講演会冒頭の講師紹介の役を務め、また今回は最後の御礼の言葉も述べさせていただくことになった。

その増岡氏のご講演を聴かせていただいて、まず感心させられたのは、聴衆の方々の気持ちをほぐし、朗らかな笑いを誘う話術の巧みさだった。間の取り方も実に素晴らしい。あの朗らかな語り口は、氏のお人柄と普段のご努力の賜物だと思う。

その講演内容も興味深いものだった。「サザエさん一家は幸福みつけの達人ぞろい」と題してご講演いただいたが、子どもや夫・妻などの家族への言葉のかけ方ひとつで、いかに大きな違いが出てくるか、改めてよく分からせていただいた。言葉がいかに大切か、ということである。あと、普段の一見平凡に思われる“今ある幸せ”に目を開くことの大切さを教えていただいたことも、大変ありがたいことだった。

それにしても驚いたのは、「サザエさん」の放送が、実に39年間も続いているということだった。その39年間の平均視聴率がなんと26.7%(!)--つまり、実に4人に1人が、あの日曜日の午後6時半から「サザエさん」を毎週見つづけていることになるのである。

そして私もその一人なのだが、そのサザエさんの放送開始が昭和44年10月からなのだそうである。ところが、私の生まれたのが、実はその同じ昭和44年の2月である。したがって、私の生後8ヶ月の頃から今までずっと、放送が続いてきたことになる。つまり、私はいわば「サザエさん」とともに生きてきたというわけである。そう考えると、大変感慨深かった(ちなみに「アンパンマン」も長寿番組であり、放送開始から、もう21年も経つのだという)。

この増岡弘氏は1936年(昭和11年)のお生まれだが、ご本人は「昭和11年生まれの40歳です(笑)」とおっしゃっていた。それが、氏の若さの秘訣なのだろう、本当に生き生きとご講演して下さった。そのことにこの場を借りて心から感謝申し上げるとともに、これからの氏の、いや「マスオさん」、「ジャムおじさん」の益々のご健勝を心よりお祈り申し上げる次第である。

追記:もう1つ興味深かったのは、氏によると、「サザエさん」を日本語の練習のために録画している外国の方もいるらしい、ということだった。それだけ、日本語の日常会話の練習にも適した番組だということなのだろう。いずれにせよ、サザエさん(それからアンパンマン)の放送は、これからもまだまだ続きそうである。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

平成20年度入学式

今日は私の勤める皇學館大学で平成20年度入学式の日だった。午前10時からの式が終了した後、午前11時より保護者の方との懇談会、昼食をはさんで午後から伊勢神宮を参拝し、午後3時に終了するという日程だからなかなかハードだったが、入学を祝う行事だから、充実した一日だったと言うべきだろう。

私は昨年度より学生委員長を務めているが、入学式の日に学生委員長が行うべき重要な仕事は、保護者との懇談会の場で、学生生活全般への支援体制について、説明を行うことである。A4サイズの資料で5頁にわたる盛り沢山の内容を、機械的な説明になってしまうことなく、できるだけコンパクトに要領よく伝えられるように努めたつもりである。頷いて聞いて下さる方も結構おられたし、時にはちょっとした笑いも起こったので、役目は果たせたのではないかと思う。

ただ、長くても15分間で終えるつもりだったのだが、話し始めると時間を忘れそうになっている自分に気づいた。時計の針には注意を向けているつもりだったのだが、何時何分から話し始めたか、話しているうちに忘れてしまったので、もしかしたら、15分を少しオーバーしていたかもしれない。

明日からも新入生を歓迎・案内する行事が続くが、引き続き、学生委員長としての役目を果たしていきたいと思う。そのためには、朝早く起きて、早朝の時間に翻訳の仕事を少しでも進めておくことにしよう。

翻訳の作業といえば、今日は電車の中でそれを進めることができた。というのも、この2月にモバイルノートパソコンを購入しておいたのだが、今日はそれを使って近鉄特急の中で作業をしたからである。ノートパソコンを持ち歩いていると、こうしたことができるので、やはり大変便利だなぁ…とつくづく実感した一日でもあった。

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

リーダーズ研修会

私の勤務する皇学館大学・社会福祉学部において、昨日から本日までの1泊2日にわたり、名張学舎を会場として(および宿泊には赤目山水園を利用して)「リーダーズ研修会」が開催された。これは、クラブ・サークルなどの課外活動団体のリーダーを対象とした研修会であり、ここ数年、毎年行われているものである。学生委員会の主催なので、今年度より学生委員長となっている私が今回の責任者であった。

昨年度は「リーダー啓発ビデオ」の上映が行われたので、今回もそれにならってビデオを上映することにした。研修会では、そのビデオの内容を受けて、「自分の目指したいリーダー像とは何か?」や「わが団体の目指したい目標は何か? またそのために必要なことは何か?」といったテーマで班別ディスカッションを行っていくのだが、事前の企画段階で神経を使ったのは、その上映内容を何にするかであった。その内容が研修会全体の基調となるからである。ずいぶん以前から「何に上映すればよいか」を考えていたのだが、学生委員会で私が提案し、委員の皆さんの賛同を得られたので、上映することに決めたのは、NHKで放映された次の2本の番組のビデオであった:

(1)プロフェッショナル・仕事の流儀 指揮者・大野和士

(2)課外授業ようこそ先輩 指揮者・小林研一郎

この二つの番組は、いずれも私自身が好きで見ていて、自宅で録画しておいたものである。(1)については、以前にも本ブログで取り上げたことがあるが(指揮者・大野和士の世界)、ともあれ、指揮者という仕事は人を率いるリーダーのよい例だと思われたので、この研修会で学生諸君にも見てもらうのにちょうどよいと考えたのである。(2)は自宅で録画したVHSを使ったが、(1)はそのDVDがNHKによって販売されていたので、それを個人的に購入し、上映した。

この二人の指揮者によって醸し出される雰囲気は、かなり対照的である。大野和士氏の場合はカリスマ的な雰囲気を漂わせているのに対して、小林研一郎氏の場合は親しみやすく、(よい意味で)庶民的な雰囲気である。しかし両者に共通しているのは、楽団員に対して威圧的な態度をとるのではない、ということである。むしろ、両者ともに、いかに楽団員の力を引き出すかということに大変心を配っている。音楽に対する情熱には並々ならぬものがあるのだが、だからといって命令的な態度をとるのではなく、大野氏は楽団員一人ひとりを解放し、小林氏は楽団員の心をおもんぱかることによって、100人にわたるオーケストラを一つにまとめあげるのである。

私自身、この二つは大変素晴らしい番組だと常々思っていたので、おそらく学生たちにも気に入ってもらえるだろうと考えていたが、いざ実際に研修会で上映する段になると、「学生たちの反応はどうだろうか…?」ということが気になった。だが、学生諸君から出された感想文によると、おおむね好評だったので安堵したものである。

ただ、ある一人の学生からは、「一流の事例は、(一流ではない)自分たちの参考にはならない」という意見も感想文に書かれていた。私自身も(1)のビデオだけでは多くの学生たちにそのような印象を与えてしまうかもしれないと思ったので、より親しみやすいものとして(2)も用意したのだったが、それでもこの学生には、どちらも“雲の上の人”だと思われたようである。

一方で私は、最初からあきらめてしまうのではなくて、一流の人たちに自分たちも少しでも近づけるよう、希望をもって努力してほしいと思う。だが他方では、あまり一流の事例ばかりを見せられても…という思いを抱くのも、無理はないだろう。次回の研修会に向けては、さらに親しみやすい事例の紹介も取り入れられるよう、題材収集に努める必要がありそうである。

まだ他にも2点ほど、改善の要望が感想文には書かれており、それについては反省材料とせねばならないが、それでも研修会全体に対する評価はおおむね好評だったので、責任者としては胸をなでおろしている。この研修会が学生諸君の課外活動の活性化に少しでも役立てるものであったことを願うばかりである。

このたびの研修会は、参加してくれた学生諸君はもちろんのこと、学生委員の皆様や学務課職員、および学友会総務部の諸君のご尽力、ご協力により開催できた。また、施設・設備の使用にあたっては、管理課職員の方々のご協力を得た。さらに、宿泊に際しては赤目山水園の皆様より温かい歓待を受けた。この場を借りて、その全ての方々に、心から感謝の意を表明させていただく次第である。

| | コメント (0)

2007年10月21日 (日)

野口健氏の講演会

一昨日から今日までの三日間、皇學館大学社会福祉学部の大学祭が行われたのだが、今年の大学祭の講演会にお招きした講師は、エベレストや富士山の清掃登山で有名な、登山家(アルピニスト)の野口健氏だった。私は野口氏と個人的な面識があるわけでは全くなく、また講師として氏をお呼びすることを私が発案したわけでもなかったのだが、このたびの講演会で私が司会役を務めることになったため、氏の講演を間近で拝聴することができたことは、大変幸運なことだった。

今では非常に有名な野口氏だが、氏自身は全然飾らない気さくな方だという印象を受けた。その講演は氏の豊富な登山体験に裏打ちされた大変迫力のある内容だった。「迫力がある」といっても、氏の話し方そのものは大変穏やかで、ユーモアあふれるソフトな語り口だったのだが、その講演で語られた内容そのものが氏の過酷な登山体験に裏付けられたものだったことが、私をして、尋常ならざる迫力を感じさせたのである。他の聴衆の方々も、本当に熱心に聞き入っていた。

その講演内容の全てをここで私が下手にお伝えしようとするよりも、「百聞は一見にしかず」で、氏自身の講演会に実際に行かれた方がよいと思う。たとえば、氏が3度目の挑戦でエベレスト登頂に初めて成功した後、今度はそのエベレストの清掃登山に取り組むようになった経緯が大変意外であり、またその清掃登山でのエピソードは聴衆の心を強く打つものだったのだが、これについては、是非とも氏自身の口から聞かれるのがよいだろう。

ただ、今日の講演会のテーマ--「富士山から日本を変える」--に直接関わる内容についてだけは、ここで少しだけ触れさせていただきたい。というのも、それに私は大変勇気づけられたからである。

氏が富士山の清掃登山を始めた当初は、そのあまりの汚さに、「こんなのはとうてい無理だ…」と思われたのだそうである。ところが、その活動を続けていき、マスコミでも富士山の悲惨な状況や、その悲惨な状況のなかでの氏の清掃隊の活動が広く報じられるようになると、最初は少なかった清掃隊の人数が増えていき、今では全国から数千人の規模で集まってくるようになった。

それだけでなく、少なくとも5合目より上に捨てられるゴミ--すなわち麓の不法投棄物ではなく、登山客が捨てていくゴミ--については、ある年から途端に少なくなったのだそうである。というのも、氏の活動が広く知られるようになり、また富士山の悲惨な状況もマスコミを通じて広く伝えられるようになると、今度はひと夏30万人を数える登山客たち1人1人が、何と今度は自分自身でゴミを拾い始めるようになり、またゴミをあまり捨てなくなったからである。そのようにある時から状況が鮮やかに好転していったという事実に、私は大いに勇気づけられた。それと同時に、清掃活動を実際に積み重ねてこられた野口氏の行動力に、頭の下がる思いがしたのである。

とはいえ、私にはエベレストに登ることも出来なければ、富士山に登るだけの体力もないから、私自身は野口氏のような活動はできない。だが、私には私に与えられた生活環境で実際に出来ることが、小さな事とはいえ、沢山ある。道端や駅のホームに落ちているゴミを一つ二つ拾うことは、今や完全に私の日常となった。また、最近では野口氏は、地球温暖化によるエベレスト氷河湖の融解問題を解決するための活動に精力的に取り組んでおられるとのことだが、その地球温暖化は、最近邦訳された『異常気象は家庭から始まる』(日本教文社刊)という本でも説かれているように、1人1人の家庭での生活の仕方に大きく起因している。だから、私たち1人1人が、それぞれの置かれている生活環境のなかで、小さな改善を積み重ねていけばよいのである。

私が文字通り野口健氏のようになることはできないが、私は私なりに、環境のためになる行動を日々実践していこうと思う。

追記:なお、野口健氏の八面六臂の活躍ぶりについては、氏のオフィシャル・サイトに詳しく書かれている。

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

学生委員長としての日々

大型連休が明けてからずっと、学生委員長として、週末もほとんど仕事だった。具体的には次のとおりである:

5/12~13 伊勢神宮第62回式年遷宮 第二次お木曳行事に学生を連れて参加

5/19~20 保護者会の役員会と総会に出席

5/26 学友会主催の球技大会 開会式と閉会式で挨拶(球技大会自体にも参加)

以上の週末の仕事以外にも、食堂サービス改善のための会議を食堂業者の方と行うという仕事も、先々週の木曜日にはあった。さらに、今週の水曜日には、学内での喫煙マナーの問題(吸い殻のポイ捨て問題と、分煙が必ずしも守られていないという問題)への対処をどうするかを話し合うため、臨時の学生委員会を急遽開くことにしている。

そんなわけで、今月は週末もほとんど休みなしの状態が続いてきた。そのせいか、ホンの少し、疲れがたまってしまったようである。上手にリフレッシュして、また新たな気持ちで仕事に臨もうと思う。

| | コメント (0)

2007年4月 8日 (日)

新入生セミナーでの言葉

昨日の正午すぎに、新入生セミナーを終えて帰ってきた。1泊2日の間に新入生が互いにかなり打ち解け合った様子を微笑ましく見守っていた。補助のために参加してくれた上級生諸君もよく働いてくれたし、国立青少年自然の家の職員やボランティアの方々にも、クラス別レクリエーションで随分とお世話になった。この場を借りて、心よりお礼を申し上げたい。さらには、このセミナーでは1年生の各クラス(5つ)より、2名のクラス委員と、2名の選挙管理委員をさっそく選出してもらったが、そのクラス委員・選挙管理委員を引き受けてくれた計20名の新入生諸君には、心から賛嘆の拍手を送りたい。

そのセミナーの最後に、学生委員長として一言述べる機会があった。そこで新入生諸君に述べた要点は次の3点である:

①初心を忘れずに大学生活を送ってほしい。

②思いやりの心をもちましょう。

③何か疑問に思うことがあったら、一人で悩まずに気軽に相談して下さい。私たち学生委員会は、みなさんの大学生活が思い出に残る素晴らしいものとなるよう、支援していきます。

新入生諸君は、新たなスタートを切るにあたって、やはり新鮮な気持ちを抱いていることだろう。そこで、その“初心”を大切にしてほしいと思い、①のことを述べた。

②の「思いやり」で述べたのは、人への思いやりばかりではない。もちろんそれは非常に大切なのだが、それに加えて、動植物にも思いやりを持ってほしいということを強調した。キャンパス内には、数は少ないとはいえ、自然の動物の姿も見られる。たとえば夏にはアリがゾロゾロと歩いている姿を毎日見ることができるのである。そのアリさんたちを、できるだけ踏んづけずに歩くことも、「思いやり」の一つだろう。さらには、キャンパス内には植物も植えられているから、その植物たちにも思いやりの心を持ってほしいのである。そうすれば、ゴミのポイ捨てをたとえば芝生の上で行うといったことも、少なくなっていくのではないだろうか。

③に込めたメッセージは、ある意味では、新入生に対してというよりは、われわれ教職員に向けてのものだったのかもしれない。というのも、学生に(迎合するというのでは決してないが)満足してもらえるようなキャンパスにしていく(あるいはそうあり続けていく)ためには、学生諸君からの声に、謙虚に耳を傾ける姿勢を保持していくことが要求されるからである。何かちょっとしたことで、「なぜ?」という疑問・不満を持つことがもしもあった場合、それをいい意味で気軽に言ってもらえるような雰囲気をわれわれ教職員が持っていなければ、小さな不満が少しずつ溜まって、いつしか大きなものとなってしまうことだろう。大切なのは、日々の小さな改善を、われわれ教職員が積み重ねていくことなのである。

新入生セミナーを終えて、いよいよ新学期が本格的にスタートする。心を新たにして、明日からの日々の仕事に取り組んでいきたいと思う。

| | コメント (2)

2007年4月 6日 (金)

新入生セミナーへ出発

今日・明日と1泊2日の日程で、国立曽爾青少年自然の家で、「新入生セミナー」が行なわれる。10時にバスが大学を出発するので、もうまもなくだ。

このセミナーでは、学生委員会としての仕事だけではなく、私は1年Cクラスの担任にもなっているので、クラス担任としての役目もある。新入生との新たな出会いを楽しみにして、仕事に勤しもうと思っている。明日の正午に大学へ戻ってくる予定である。

それでは行って来ます!

| | コメント (2)

2007年4月 4日 (水)

学生委員長に就任

昨日行われた今年度最初の学生委員会で、私が新たに、皇學館大学・社会福祉学部の学生委員長を務めることが決定された。学生委員会の新たなメンバー構成は昨年度末にすでに決まっていたのだが、今年度に入り、その委員会での互選により、私が委員長に選ばれたのである(任期は2年間)。

いわゆる「○○委員長」という役に就くのは、通常は、教授であることが多い。実際、教務委員長や就職委員長は教授の先生がなっておられる。私は准教授だから(学校教育法の改正に伴い、これまでの助教授が准教授という名称に今年度から変更されている)、まだ委員長になる可能性は低いはずであった。

ところが、「学生委員会」の場合は、学生生活全般の指導と支援を行う部署であり、学生と親しく接する機会が非常に多いことから、今年度からは、学生委員会の構成も准教授や講師といった若手や中堅のメンバーを中心とすることになったのである。私が今回学生委員長として選ばれたのは、その若手・中堅クラスの代表としてであった。実際、平成10年4月に皇學館大学・社会福祉学部が開設されて以来、昨年度末で丸9年間の年月が経ったが、その9年間のうち、7年間は学生委員会の一員だったから、学生委員としてのキャリアはかなり蓄積されていた。そういう意味で、今回、私が学生委員長として選ばれたのは、自然の成り行きだったのかもしれない。

今日は入学式の日だったが、式が執り行われた後の「教職員と保護者との懇談会」で、さっそく学生委員長としての初仕事が待っていた。それは、保護者の方々に、われわれがどのような学生指導・支援体制をとっているかについて、その概要を説明させていただく仕事である。最初に登壇したときに、「えらい若いのが出てきたな、と思われるかもしれませんが……」と少し間を置いたあと、「38歳です」と正直に言うと、保護者の方々から笑い声が漏れたので、上々のスタートを切ることができた。

その後、資料に基づいてできるだけ手際よく説明しようと努めたのだが、いつの間にか時間を少々オーバーしてしまったようだ。しかしながら、幸い、保護者の方々には時おり頷いたり、「あぁ、なるほど…」と納得してもらいながら聞いていただいていたようだし、冒頭の場面に続いて、さらに何度か朗らかな笑いも起こったので、全体としては成功したのではないかと思っている。ある先生からは「自然でフレンドリーな説明でした」という評価をいただいたし、また別の先生からは「声に張りがあって明るくてよかった」というお褒めもいただいたのは嬉しいことだった。

今年からはうちの娘も、3年保育で私立の幼稚園に入園するのだが、教育費に毎月3万円ほど必要となる。しかしながら、お子さんを大学にやるためには、月3万円では到底済まない。それを保護者の方々が我々を信頼して、学費を支払ってお子さんを大学に預けて下さるのである。それを思うと、学生たちの大学生活を、思い出に残る素晴らしいものにしてもらえるよう、真心込めて支援していきたいと思うのである。

さっそく改善していきたいことがいくつかあるのだが、焦ったり力んだりすることなく自然体で、他の学生委員の先生方のご協力を仰ぎながら、朗らかな気持ちで、和を大切にして委員会運営を行っていきたいと考えている。

| | コメント (2)